わきがの人が衣類をクリーニングに出しても大丈夫?臭いは落ちる?

ワキガはできれば他人に気付かれたくないもの。単なる汗臭さと違って周囲からの冷たい視線も、その悩みを増大させますよね。

専門のクリーニングが必要なオシャレ着に、ワキガのニオイが付いてしまったら、あなたはどうしますか!?

出すのが恥ずかしくて諦めますか?

それとも効果的にニオイを消してくれるクリーニングがあったらトライしたいと思うでしょうか?

今回はワキガの人におすすめの対策として、服のクリーニングを効果的に利用する方法についてご紹介したいと思います。

臭子さん
ワキガだとスーツのクリーニングが怖いのよね・・・

ワキガの人はクリーニングOK??

羽織ものや厚めの素材が活躍する時期は、ワキガの人にとって良くも悪くも服のケアが大変な季節です。

ニオイの気になるポイントをそれとなくカバーできる反面、一度汗やニオイの染みついた服はお洗濯なしに着ることができない程、深刻なダメージを受けてしまうものですよね。

ワキガの人がクリーニングに衣類を出してもOKなのか・・・

それはもちろんクリーニングに出しても大丈夫です。

ワキガだろうが、何だろうが、クリーニング屋さんもプロですからきちんと対応してくれますよ。

そもそも、一日中着た衣類って、汗をたくさん含んでいるので、ワキガじゃない人でもクサいですし、加齢臭や食べもののニオイがついたりと、様々なニオイを含んでいるのでワキガのニオイくらいで心配する必要はありません!

安心してクリーニングに出しましょう。

ワキガのニオイはクリーニングでとれるもの?

専門のクリーニングによってワキガのニオイは取れるのか?

という疑問ですが、結論から言ってとることは可能です。

ただしそこには、いくつかのポイントがああります!

クリーニングの方法を検討する

クリーニングに出すということ=ニオイをとる力が高いということではありません。

例えば、ドライクリーニング

ドライクリーニングはコートやスーツ・装飾の付いた服など、とにかく型崩れさせることなくお手入れしてくれるのが魅力。

しかし残念ながら、ドライクリーニングは汗の汚れには弱いという弱点もあります。

ワキガはアポクリン腺からの汗が原因でニオイがきつくなってしまいます。

そのため、ワキガのニオイが付いた服をただドライクリーニングに出しても、ニオイまで完全に取り切ることはできない可能性もあるということは理解しておいたほうがいいかもしれません。

汗を落とすなら、水洗いのほうが落ちます。

汗やワキガのニオイ取りに最適な方法を考える

「わざわざクリーニング代を払ってお願いしたのに、ニオイどころかワキのシミも残っている・・・」

こんな経験をされた人もいるかもしれませんね。

もちろんクリーニングの技術力によっても左右されるでしょうが、一番大切なのはきちんとした事前の説明です。

相手はプロなので衣類の汚れを型崩れしないように落としたくて、あなたはクリーニングによってニオイの悩みを解決したいという目的があります。

何も言わないままだと、クリーニング屋さんが自分で判断し、クリーニング方法を決めてしまうということもあるでしょう。

また、わきがによってついてしまったシミを落とすのに、「シミ抜き」は別料金のクリーニング店だってあります。

わきがによって出来てしまった黄ばみを落とすことが出来れば、ある程度ニオイも軽減する可能性があるので、

わきがであることが恥ずかしいなら、「ワキの黄ばみをとりたい」ということをきちんと伝えるようにしましょう。

そうすることで、クリーニング店では“水洗い”の組み合わせや“汗取り”の加工をしてくれるなど、あなたの服が抱えているトラブルに合ったベストな方法を選んでくれるはずです。

こちらも、きちんと目的を言って、「ワキを中心になんとかしてほしい」という意思を明確にすることが大切です。

消臭がオプションのクリーニング店もある

私がいつも行っているクリーニング店には、オプションでデオドラントコースがあります。

「デオドラント消臭コース」2回洗いで、ニオイを徹底的に消すというコースです。

もちろんオプションなので、衣類の素材によって料金が変わって来るようです。

300円~1000円くらいの間でやってくれるとのこと。

もし、行きつけのクリーニング店にこういったニオイを消すサービスがあったなら、ニオイを消す専用のサービスなので、積極的に使っていきたいですね。

ワキガの人がクリーニングに出す時の注意点

きちんとした説明によって、かなりの割合で服に付いたワキガのニオイを解消できるのがプロによるクリーニング。

けれどその効果を生かすには次のポイントも忘れずに行いたい事です。

できるだけ早くクリーニングに出す

当たり前のようですが、クリーニングに出すかどうか迷っているうちニオイも汗の汚れも繊維の奥に染みついていきます。

時間が経てば経つほど、黄ばみも濃くなっていくことでしょう。

もともと家庭ではケアできないデリケートなオシャレ着は特に、一度着たらクリーニングに出しておくくらいの気持ちでないとそのままお蔵入りとなってしまうことさえあるでしょう。

大切な服を長持ちさせるためにもできるだけ早く対処するように心がけましょう。

自分でできるワキガ対策を事前に行う

服を着た後に早めの対応をすることはもちろんですが、服を着る前に自分でできる対策もいくつかあります。

ワキガのニオイの元はアポクリン腺からの汗とそれに伴う分泌物、さらにこれらをエサとする雑菌の繁殖によるものです。

そのため、自分で出来る対策としては、

汗取りパッドを使う

汗取りインナーを使う

デオドラントクリームを使う

これらを取り入れることで、ある程度ニオイも軽減できますし、大切な衣類に汗ジミが出来ることも防げます。

自分にできる対策を十分とった上で、それでも出てきてしまうニオイは仕方ないものですが、何もしないよりは確実にクリーニングで落ちる状態に近いはずです。

専門の知識と技術を味方につけ、服についたニオイの悩みも解消してもらいましょう!

なぜデオドラントクリームがわきが対策に有効なのか?

ワキガ対策に必要なのは保湿です。

人の肌というのは、乾燥してしまうと余計に皮脂を出してしまうものだからです。

乾燥して過剰に皮脂が出ると、服に皮脂が大量についてしまい、ニオイを増加させる原因となってしまうのです。

まだ、デオドラントクリームには、

制汗作用

消臭効果

殺菌作用

が入っているため、菌の繁殖を押さえ、汗自体を少なくしてくれる効果が期待できるのです。

実際に私も、片方だけデオドラントクリームを塗って出かけたところ、片方のワキだけかなりワキ汗を抑えることが出来ました。

デオドラントクリームは、ワキガ対策やワキの汗ジミ対策にはかなり有効な方法です。

「この人の持ってきた服、クサい!」

プロのクリーニング屋さんの顔を歪ませるようなニオイのままでもいいんでしょうか???

デオドラントクリームの中には永久返金保証がついているものもあるので、初めて使う人でも安心して試すことが出来ます。

私のワキガとワキ汗を解決してくれた、デオドラントアイテムはこちらから

↓ ↓ ↓

デオドラントクリームランキングはこちら

トップへ戻る