冬なのに脇汗がすごい!?ワキガの人が寒い時期に出来る対策とは

冬なのに脇汗がすごい!?ワキガの人が寒い時期に出来る対策とは

「冬なのにワキ汗がひどい…」「冬なのにワキがかゆい…」「冬なのになんだかクサい…」

私はずっと冬にそう思ってきました。冬は外は寒いから厚着をするのに、建物の中が暑くて冬でも汗がダラダラ。ニオイもどんどん気になってくる・・・。

そんな冬のニオイが嫌だったので、冬でもワキガに悩まない方法を調べてみました!

汗をかくのは夏だから冬は大丈夫!と安心している人は要注意ですよ!

臭子さん
確かに冬なのになんだかクサいのよねぇ~~~夏みたいに汗はかかないのに何でだろう?

冬とワキのニオイの関係について

冬なのに、体は暑くてニオイがキツクなってしまうことってありませんか?

私はワキの下からポタポタ汗が垂れていることなんて、しょっちゅうありましたよ。

ではなぜ、冬なのにワキのニオイが気になってしまうのでしょうか。

乾燥して皮脂が出過ぎてしまっている

ニオイのこもりやすい服を着ている

厚着なのに部屋が暑い

運動不足になり老廃物が溜まりやすい

考えられる原因はこの4つです。1つずつ見ていきましょう。

乾燥して皮脂が出過ぎてしまっている

乾燥した時の肌

冬ってものすごく乾燥するんですよね。体のあちこちの水分が失われます。

人の肌は通常、水分と皮脂のバランスがとれているものなのですが、乾燥して水分がなくなってしまうと、水分の分を補おうと体が皮脂を余計に分泌するんです。

いわゆる、皮脂の過剰分泌というものです。

乾燥し水分が抜けやすくなっている冬には、この過剰分泌が起こりやすく、皮脂が出過ぎている肌は雑菌のかっこうの餌食!

雑菌が繁殖しすしぎて、ニオイが強くなっている可能性があります。

ニオイのこもりやすい服を着ている

冬は寒いですし、どうしても厚着になりますよね。冬でもTシャツという人は…いるかもしれませんが、女性ではあまり考えられません。みんな外出する時は長袖の服を着ているはずです。

最近ではオシャレな人が多いですが、ニットやレザーなど冬に汗がこもりやすい服を着ていることも、ニオイが増加する原因の1つです。

夏と違って、冬の服は寒さ対策を優先にしており、汗を吸収する素材を優先にしている服は少ないです。

通気性の悪い服を着ることで、服の中にニオイがこもりやすく、悪臭の原因となっています。

厚着なのに部屋が暑い

私は雪国に住んでいるので、特に感じやすいのですが、冬って部屋の中暑くないですか!?

「雪国の人って、部屋の中で半袖って本当?」と聞かれたことがあるのですが、本当です。冬でも半袖でいられるくらい、建物の中が暑い!!

最近では、雪国だけではなく、日本全国どこでも、外と建物の中の温度差があると思います。

外は寒いからと厚着をして出かけても、結果、建物の中にいる時間のほうが長いため、ワキ汗が止まらないということになってしまうのです。

運動不足になり老廃物が溜まりやすい

冬は夏と違い、寒いこともあってなかなか外に出る機会が少なくなります。

当然、運動をする時間も短くなりますが、そうなるとそれまで運動で排出してた老廃物が体の中に溜まりやすくなってしまうのです。

老廃物が汗と一緒に排出されることで、ワキガのニオイの原因となり、強烈なニオイを生み出してしまっています。

正月休みでゴロゴロしてしまう時だからこそ、運動が必要なのかもしれませんね。

臭子さん
冬のニオイの原因ってたくさんあるのね~

冬に出来るニオイ対策とは?

では冬にも出来るニオイ対策をご紹介していきます!悩んでいる人こそ、ぜひ実行してみてくださいね!

1.ワキをしっかりと保湿してあげる

冬って特に、乾燥対策で顔にたくさん化粧水を塗って保湿してあげますよね。

それなのに、ワキの保湿はしていない人が多いです。同じ皮膚なのですから、ワキだって乾燥しますよ!

ワキもしっかりと保湿してあげることで、水分が多くなり、皮脂とのバランスのとれた健康的なお肌になります

当然、健康的なお肌になると、雑菌が繁殖しないのでニオイの軽減になります。

私はデリケートなワキには、ワキ専用のデオドラントクリームで保湿しています。

保湿成分が入っていますし、ワキ専用なので安心して使えますよね!冬でもしっかりと保湿してあげること、これが大切ですよ!

ポイント
・ワキも保湿してあげる
・ワキ用のデオドラントクリームで保湿するのがおススメ

2.運動する

冬は寒いから運動しない!なんて考えだと、ニオイはずっと改善しません。

老廃物が溜まってしまうと、汗がクサくなる原因となるので、運動して定期的に老廃物を排出することが大切です。

運動不足になりやすい冬だからこそ、しっかりと運動するべきです。

部屋の中で出来る簡単な運動もありますし、雪の降らない地域では寒いのを我慢して自転車やウォーキングを頑張ることもできます。

冬でも運動できる方法を見つけ出し、老廃物を排出していきましょう!

ポイント
・冬でも体を動かすように努力する
・階段を上り下りする、一駅歩く、自転車で通勤通学するなど出来ることから始める
・室内での運動のおススメ:踏み台昇降、フラフープ、エアロバイクなど

3.湯船に長く浸かって体を温める

冬なので、熱いお湯に浸かって体が熱くなったらすぐに出る・・・というお風呂の入り方をしていませんか?

そういった入り方は、ニオイ対策としてはあまり意味がありません。

お風呂は、ゆっくりと長く浸かることで体が芯から温まり、代謝が良くなっていくのです。

代謝が良くなると、老廃物が排出しやすくなるので、ニオイが軽減しやすくなりますし、ワキの毛穴が開いて汗も出やすくなります

寒い冬だからこそ、サッとお風呂に入るのではなく、少しぬるめのお湯にじっくりと浸かって体を芯から温めましょう。

ポイント
・ぬるめのお湯(37~39℃)につかる
・寒いから熱いお風呂に入りたいと言う人は、40℃を上限とする
・20分以上入っていることが望ましい

4.着るものを考えてみる

冬は部屋の温度が暑いですが、外が寒いので厚着をする傾向にあります。

外では厚着でもいいのですが、部屋の中では出来れば脱げるような服装をしているといいかもしれませんね。

薄手の長袖にカーディガンなどを羽織って、暑いときは脱げるようにしておけば、通気性も良くなりますし、暑さ対策にもなります。

セーターの中にヒートテックの下着をガッツリ着込むような汗が出やすい服装は避け、自分で調節できる衣類が好ましいです。

ポイント
・通気性の良い服装にカーディガンやパーカーを羽織って、暑ければ脱げるようにする
・衣類の中にワキ汗パッドなどを入れておくのも良い

以上が冬にも出来るワキ汗対策です。

基本的に「保湿する」「代謝を良くする」ということで、ニオイを軽減できる可能性が高くなります。

しっかりと、対策をして、冬でもワキガに悩まない体質を目指していきましょう。

デオドラントクリームでワキ汗とニオイ対策?

上記で紹介したデオドラントクリームには、保湿成分の他、制汗作用殺菌効果も含まれています。

そもそも、汗を抑えられれば雑菌はそれほど繁殖しないため、制汗作用のあるデオドラントクリームは冬にこそ使ってもらいたい商品です。

「デオドラント商品は夏だけ使えばいいんでしょ?」という人もいますが、それは大間違い。

むしろ、乾燥しやすい時期だからこそ、保湿クリームとしてデオドラントクリームを使っていきましょう

最後のまとめ

冬にニオイ対策をする人は少ないかもしれませんが、ニオイのこもりやすい冬だからこそ、しっかりとワキのケアが必要です。

冬は忘年会、クリスマスにお正月など、豪華なご馳走を食べる機会も多く、ニオイがキツクなる原因が増えてしまう時期です。

そのため、食生活にも気を付けて、冬にもニオイがこもらないようにしっかりと対策し、クサい女ではなく香る女になりましょう!

香る女に大変身  冬のニオイ対策にクリアネオ!

クリアネオ
クリアネオ cleaneo クリアネオ cleaneo

トップへ戻る