ワキ汗の服の黄ばみをとる方法とは?重曹・過炭酸ナトリウム・セスキ炭酸ソーダで対策を!

ワキ汗の服の黄ばみをとる方法とは?重曹・過炭酸ナトリウム・セスキ炭酸ソーダで対策を!

ワキガの人は特にワキに汗を多くかくことから、服が黄ばんでしまうということもあります。

淡い色合いや薄手の服などは、よく目立つので悩む人も多いでしょう。

ワキガだと他人に気付かれることを避けたい人にとって、クリーニングではなく自分でお手入れができたら嬉しいものですよね。 毎回クリーニングに出してもいられないし…。

今回は服をワキ汗の黄ばみから救う方法、さらに気になる黄ばみの予防についてもご紹介いたします。

臭子さん
服の黄ばみはとても重要な問題ね!服に黄ばみがつくのは困るわ~

ワキ汗の黄ばみが出来る原因って?

基本的にワキにはわきがの原因となり得るアポクリン腺という汗腺が多く存在します。

このアポクリン腺から出る汗は、ニオイも強いことながら、黄ばみを残してしまうくらい粘り気を含んだ汗で、その汗が服に浸みこんでしまうことで黄ばみとなります。

また、普通の汗であるエクリン腺からの汗はほとんどが水分なのですが、尿素や塩分が混ざった汗でもあるので、エクリン腺からの汗が多く出ることで服に浸み込み黄ばみの原因となります。

アポクリン腺、エクリン腺、どちらの汗腺から出る汗にも黄ばみを作る原因が存在しています。

特に洗濯で落ち切らなかった汗や皮脂は、化学反応を起こして徐々に黄ばみになっていくようですので、一日着た服は必ず洗うようにしましょう。

ワキ汗の黄ばみをとる方法

上述しましたが、衣類にできる黄ばみは、皮脂など汚れの成分が十分に落とし切れていないこと洗剤やデオドラント系の化粧品などが繊維に残ってしまったことも原因としてあげられます。

ワキガの体質を持っている場合、もともと黄色または乳白色の性質があるアポクリン線からの汗が多く付着するため、単純な皮脂汚れよりも黄ばみが付きやすくなっていると考えられます。

まずどんな方法を試すにしろ、一番大事なのはできるだけ早く汚れを落とすこと

汚れや臭いが繊維に染みついてからでは落とすのが難しくなってしまいます。

家庭でも比較的簡単に、そして安価でできる方法としては、油分の汚れと馴染みが良く、消臭効果もあるアルカリ性の性質をもった成分で洗うことがおすすめ。

アルカリ性の特性を活かし、ワキ汗の黄ばみとりに効果が期待できるものには次の3つがあります。

①過炭酸ナトリウム

衣類の漂白剤もいろいろな種類があり、真っ白にしてしまうなら塩素系の漂白剤が思い浮かぶところ。ただし強い漂白剤は服を痛めてしまったり、色落ちさせてしまうことがあるので、繰り返しケアできるものではありません。

そこで繊維を傷めにくく、色柄ものの服にも使えるという点で酸素や酵素の力でワキ汗の黄ばみを落としてくれる過炭酸ナトリウム系の漂白剤がおすすめ。

洋服の黄ばみをとるのであれば、以下の用量で漂白しましょう。

お湯3Lに約大さじ2杯(10g)をよく混ぜる
1時間程度つけ置きする
つけ置きしたものを洗濯機で洗う

ただし、上記はあくまでも一般的に言われている基本的な用量です。

使う用量は商品によって変わってきます。パッケージの裏などにその製品の用量が記載されていると思いますので、表示通りに使うようにして、長時間の放置はしないよう注意しましょう。

②重曹

アルカリ性の強さで言えば今回ご紹介する3つのうち一番マイルドなのが重曹です。

マイルドすぎるので漂白剤と併用しますが、重曹と漂白剤を一緒に使う事で更に効果が高まると言われています。

目立ってきたワキ汗の黄ばみなら、お湯と漂白剤と重曹で作る重曹ペーストを使ってみましょう。

あらかじめ黄ばみが気になる部分に重曹を付けておく
40℃~50℃くらいのお湯に漂白剤(約10ml、キャップ半分より少ないくらい)を入れる
重曹がついた衣類をそのまま漂白剤入りのお湯につける
様子を見ながらつけ置きする(大丈夫そうなら一晩つけこむ)
つけ置きしたものを洗濯機で洗う

黄ばみが気になる部分に最初に塗り付けるのがポイントです。

素材にもよりますが、しばらく置いた後にもみ洗いしたり、ブラシでこするとより取れやすくなります。

ただし、衣類の種類によっては色落ちしたり、素材を痛める可能性もあるため、慎重に様子を見たり、衣類の注意書きをしっかりと読んでから行いましょう。

③セスキ炭酸ソーダ

キッチンの油汚れを劇的に落とすものとして、重曹と並び人気が出ているセスキ炭酸ソーダ。

油に強いということは、もちろん皮脂の汚れであるワキ汗の黄ばみに対しても使うことができます。

重曹よりも水に溶けやすい特徴があるため、目安のセスキ水を作り、気になる部分を浸すか、スプレー容器に移し替えて吹きかけてもいいでしょう。

500mlの水に小さじ2杯程度を良く混ぜる
衣類の気になる部分を浸すか、スプレーし、しばらく放置
つけ置きしたものを洗濯機で洗う

ワキ汗の黄ばみをとる目的でしたら、重曹もセスキ炭酸ソーダも100円ショップで購入できる商品で十分かと思います。 もちろんドラッグストアにも売っていますので、探すことには苦労しないと思います。(キッチンコーナーや掃除コーナーにあることが多い)

特に敏感肌な方は手袋をおすすめしますが、この3つは手肌にも優しく薬品臭もないので、手袋不用で、使えます。(漂白剤を使う時は手袋必須)

簡単に黄ばみ対策できますし、まずは部屋着などから試してみてはどうでしょうか?

ワキ汗の黄ばみ対策をご紹介!

汗は制汗剤などを使ってある程度抑えられるものの、アポクリン線からの分泌物や皮脂などが混ざってできる黄ばみは、なかなか抑えられないものです。

場合によっては服に制汗剤が残ることで黄ばみを増すことにもつながりますので、どうやったらワキ汗の黄ばみを未然に防げるのかご紹介します!

汗取りパッドを使う

便利な使い捨てタイプから、消臭効果を併せ持った機能性インナーに汗取りパッドが付いたものなど種類もさまざま。特に夏場を中心にかなり売れている人気商品です。

暑さが気になる季節以外にも、厚着をして熱をこもりやすくする冬場にも、こまめに取り換えたり着替えたりすることも黄ばみ防止につながると思います。

特にオシャレ着の時にはつけるようにしたほうがいいですよ!スーツやワンピースなど、普段着以外の特にはワキ汗パッドを活用しましょう。

防水スプレーを使う

服に撥水性を持たせる意味で、生地に直接スプレーして膜を張る防水スプレーを使う方法があります。

ただその加減も大切で、使い過ぎるとワキの下が蒸れる原因にもなることに注意が必要です。

防水スプレーをこれから購入するという方は、必ず衣類用でフッ素を使ったスプレーを選ぶようにしてください

ワキ汗や黄ばみが目立たない色を選んで着る

ビジネスマンや学生さんには難しい選択かもしれませんが、ご自分の体質を熟知していればこその対策です。パッドを付けていることさえ気になる方もいらっしゃるでしょうから、それが目立たない色の服を選ぶのも対策の一つかと思います。

仮に黄ばみが出ていなくても、服からにじみ出たワキ汗は見た目のイメージを悪くしかねません。

可能な範囲での工夫として、服選びへのこだわりも必要ではないでしょうか。

最後のまとめ

ワキ汗も黄ばみも悩みの種であることに変わりはないですよね。

けれど体質的に仕方がないとあきらめて放置するのは、ニオイのエチケットとしてもおすすめできることではありません。

ワキ汗の黄ばみの程度も人それぞれ。汗の出方は自律神経とも関係するので、本来なら気にしすぎもあまり良くないことです。

自分の状態にあった方法で早めの対策をして、ガンコな汚れになる前に取り去る。ちょっと面倒なようですが、こまめにお手入れしていくことでお悩みの軽減につながるものと思います。

そもそも、黄ばみを出来なくすればいいんじゃないの?

そう思う人は、ぜひこちらのアイテムを試してみてください。

実は私、使い始めてから、黄ばみが解消されました。

私が今でも使っているアイテムはこちらです

↓ ↓ ↓

デオドラントクリームランキングはこちら!

トップへ戻る