デオドラント製品の正しい使い方!効果の出る使用方法や組み合わせて行いたい対策!

デオドラント製品の正しい使い方!効果の出る使用方法や組み合わせて行いたい対策!

臭子さん
デオドラント製品ってどうやって使えばいいのかしら
効果が出る方法がわからないわ・・・

デオドラント製品の使い方ってイマイチはっきりとわかりませんよね?

どのように使えば一番効果が期待できるのかわからないので、間違った使い方をずっとしている人も少なくありません。

本当に効果の出るデオドラント製品の正しい使い方をご紹介しますので、正しくデオドラント商品を使って効果をアップさせましょう!

デオドラント商品の正しい使い方

デオドラント商品はどのように塗ると効果が出るのでしょうか?

様々な商品を試してきましたが、どれも使用方法は同じようなことが書いてありました。

やはり効果的な使い方をしなければ、せっかくデオドラント製品を買っても意味がありません。

正しい使い方で、わきがを直し、臭い女から香る女へ大変身しちゃいましょう!

以下が正しいデオドラント商品の使い方です!

①お風呂で体を洗う

デオドラント製品の正しい使い方!効果の出る使用方法や組み合わせて行いたい対策!

まず、一日の汗や雑菌を落とすことから始めましょう。

毎日お風呂に入らないという人もいると思いますが、お風呂に入らないということはわきがの大きな原因となってしまいます。

ニオイを気にするなら清潔を保ちましょう。

また、シャワー派の人や暑い日はシャワーしかしないというのもNGです。

お風呂で暖まり、汗腺まで開くと、汚れも落ちやすくなります。

湯船に浸かると筋肉もほぐれ、リラックス効果もあるのでニオイを気にする人は絶対に湯船に浸かることをおススメします。

②お風呂上りに忘れずにデオドラントクリームを塗る

デオドラント製品の正しい使い方!効果の出る使用方法や組み合わせて行いたい対策!

女性はお風呂上りに化粧水を塗ると思いますが、それと同じくお風呂上りにデオドラントクリームを塗りましょう。

お肌や汗腺がキレイなうちに塗ることが大切です。デオドラント製品が汗腺に浸透し、殺菌作用や制汗作用の効果がグンとアップします。

また、ニオイの原因菌が活発になるのは寝ている時と言われています。そのため、寝る前に塗ることで原因菌の活動を抑えてしまう効果もあります。

デオドラント製品は「ニオイが気になった時」に塗るイメージがありますが、殺菌・制汗作用のあるものは、キレイな時に塗らなければ本当の効果が発揮できません

必ず、体のキレイな時にデオドラント製品を塗りましょう。

また水分がある状態で塗るのではなく、必ず水分は拭き取ってから塗るようにしましょう。

夜塗るのを忘れそうになる人は、習慣にすると忘れにくくなります。

化粧水、乳液、保湿液、デオドラントクリーム!というように、忘れないように1つの流れにしてしまうのです。

あとは常に見えるところに置いておいたり、お風呂上りに目に見えるところに一筆忘れないように書いて貼っておくのもいいですね。

自分自身で忘れないように工夫をするといいと思います。

③朝起きたらひと塗りして、いってきまーす!

デオドラント製品の正しい使い方!効果の出る使用方法や組み合わせて行いたい対策!

やはり、朝おでかけ前に塗ることがニオイを抑えるには最適です。

満員電車で汗だくになった時にわきがのニオイがしてしまっても遅いです!

一日の始まりにサッとひと塗りしてからお出かけしましょう!

寝汗がひどかった人は軽くシャワーをしてから塗るとより効果的です。

以上がデオドラントクリームの効果的な使用方法です。

どのデオドラント製品でも、夜寝る前と朝おでかけする前の1日2回の塗布を推奨しています。

私も昔は、ドラッグストアで売っているスプレータイプのものをニオイが気になる時だけ塗っていました。

そのため「ニオイが気になる時だけ」という使い方しか頭になかったのですが、殺菌・制汗作用のあるデオドラント製品に関しては朝晩に塗るとメーカー側で使用方法として明記してありますので、効果を感じたい場合は必ず守るようにしましょう。

デオドラント商品を塗り直す時の正しい方法

デオドラント商品の使用方法についてはわかりましたが、日中にデオドラント商品を塗る場合はそのまま塗ってしまってもいいのでしょうか?

デオドラント商品は朝晩の2回以外に「気になった時にも塗る」と効果的と言われています。

しかし、その「気になった時に塗る」時も正しい塗り方をしなければ、全く効果がありません

外出先で塗り直す時も、効果的に塗り直しましょう!

外出先では、汗をサッと拭き取ってから!

デオドラント製品の正しい使い方!効果の出る使用方法や組み合わせて行いたい対策!

外出先で塗り直す時に気をつけたいのは、「そのまま塗る」のではなく、必ず一度「ウェットティッシュで拭き取ってから塗る」ということです。

ニオイが気になる時というのは、雑菌や汚れが繁殖している状態です。アポクリン腺からの汗もたくさん出ている状態。

すでに汗や雑菌が繁殖してニオイを発している状態のところにデオドラント製品を塗っても全く意味がないのです。

このように、上から塗っても、殺菌作用が含まれているクリームであれば多少の殺菌は出来るものの、皮脂や汚れや汗は完全にキレイになるわけではありません。

そのため、持続時間は一瞬で、すぐにまたニオイがキツクなってくるのです。

ウェットティッシュで一度ニオイの原因菌を拭き取ることで、デオドラントクリームの本来の力が発揮します。

ニオイが強いまま塗るのと、一度ウェットティッシュで拭きとってから塗るのでは、驚くほど効果が違いますよ!確実にニオイが軽減します。

効果が出ないと言っている人は、この「拭き取る」という作業を行っていない人が多いように思えます。

デオドラントクリームを塗り直す時は、絶対にウェットティッシュで拭いてからです!

会社に私物を持ち込んでいい方であれば、お徳用の大きなウェットティッシュを持っていてもいいかもしれませんね。

ウェットティッシュって何かと便利ですし、お手洗いに行くときに、一枚抜いて持って行っても「化粧直すのかな?」くらいにしか思われないと思いますよ。(ウェットティッシュは大きいお徳用が価格が安いです)

学校など、なかなか大きいウェットティッシュを持ち込みできない場合は、大きめのポーチに携帯用のウェットティッシュとデオドラント製品を一緒に入れて持ち歩いてもいいと思います。

私はいつも持っているカバンの中にポーチを入れていて、常にウェットティッシュとデオドラント製品を持ち歩いているので、トイレでもこっそり塗り直しが出来ます。

一緒にお化粧直しの道具も入っていると、化粧品と一緒に見えてデオドラント製品を使ってるなんて誰も思わないかもしれませんね!

除菌のウェットティッシュを使ってもいいの?

私はアルコール除菌のウェットティッシュを使うこともありますが、除菌のウェットティッシュを使う場合は要注意!

人間の皮膚にはある程度の皮脂や菌が必要なのですが、それを除菌で全てとってしまうと、必要な皮脂や菌がなくなってしまい、正しく皮脂の分泌が行われなくなってしまう可能性があります。

しかしアルコールはアレルギーもあります。皮膚の弱い人は肌荒れを起こす可能性もあります。

そのため、除菌のウェットティッシュは1日1回程度など、回数を少なくし、アルコールが入っていなくても濡らしたハンカチなどで拭くだけでも違いますので、自分のお肌の状況を確認しながらウェットティッシュを選んでいきましょう。

正しい使用方法と併せて行いたいニオイ対策

もちろんデオドラント商品と共に行うと、ニオイ対策として効果的な方法があるのでご紹介します。

・食事は脂っこいものや添加物を避け、野菜中心にする!

・適度な運動をする

・お酒やたばこを控える

・ストレスをためないようにする

・水分を多くとるようにする

食事は脂っこいものや添加物を避け、野菜中心にする!

食事は非常に体臭に関係があります。

肉類などは消化される際に体臭の原因であるアンモニアを排出します。

そのため、脂っこいものや、添加物は充分体臭の原因となるのです。

野菜中心の生活をしている人と、肉中心の生活をしている人が同じ体臭のはずはありません。野菜中心のほうが確実に体臭は軽減されているはずです。

本当にニオイを治したいのであれば、内側から気を付けるようにしましょう。

適度な運動をする

運動をすることで、汗腺が鍛えられます。

汗腺が開いていない状態では、うまく汗が出ません。

汗が出ないと、人間の体は皮脂を出すようになります。

その皮脂は、ニオイの原因のアポクリン腺からの汗と混ざると異臭を発する原因となります。

常にサラサラな汗が出ている人は、ニオイの原因菌が汗と共に多く流れるため、ニオイを軽減できるのです。

汗腺を鍛えて、サラサラな汗が出るように、常日頃から運動で汗を出しましょう。

お酒やタバコを控える

やはりお酒もたばこもニオイの原因となってしまいます。

タバコが好きな人は体臭とタバコのニオイが混ざって余計クサくなってしまいます。

肉類と同じように、アンモニアなどの毒素を含んでいるのがタバコです。

タバコを吸い過ぎると、体臭にも影響してきます。

また、酒を飲まない人でもたまにお酒を飲むと「クサい!」って思いませんか?

二日酔いの人もかなり臭いですよね。

アルコールも体臭を悪化させてしまう原因の毒素を含んでいるのです。

その毒素がアポクリン腺からの汗と混ざると、異臭となって臭いニオイが出てしまう原因となってしまいます。

お酒もタバコも付き合いやストレス発散ということはわかりますが、正直「健康的」なものではありませんので、ほどほどにしましょう。

ストレスをためないようにする

体臭はストレスによって悪化します。汗腺の働きに影響があるからです。

ストレスは絶対に溜めてはいけません!ストレスを溜めることに良い事は全くありません!

しかし、現代人はストレスがたまる環境に生きています。

そんな時はストレスを発散する方法を考えましょう。

ストレスはためないようにする方が難しいので、発散しながらうまく付き合って行くことをおススメします。

水分を多くとるようにする

水分を全くとらない人より、水分をたくさんとる人のほうがニオイは少ないです。

人間の体は尿や便より体内の毒素を排出していますが、数パーセントは汗から毒素を出しています。

水分をとらずに、尿が出ない状態だと体内に毒素が溜まり、その毒素は汗から出て来るしかありません。

そうするとニオイがキツクなってしまうのです。

職業柄、トイレになかなか行くことが出来ないので水分を我慢している人もいるかもしれませんが、それは絶対にNG!ニオイだけじゃなく、普通に体にも悪いですよ!

トイレは生理現象なので、水分をたくさんとってトイレに行くようにしましょう。

ちなみに私は運動を初めてから代謝が良くなり、水分も良くとるので、一日にトイレに10回以上行くようにしています。ニオイ軽減の効果はあると思っています!

正しい使い方の最後のまとめ

今まで「気になる時だけ」塗っていた人は使用方法が誤っている可能性があるので、正しい使い方をしましょう。

効果が出ない~と悩んでいる人は、もう一度自分の使用方法を見直してみることです。

結論:デオドラント製品はキレイな時に塗ったほうが一番効果が出る

泥まみれのバケツの中に、キレイな水を入れても泥が消えることはありません。水は濁って茶色くなります。

もしバケツをキレイにしたいのであれば、泥を一度掃除してから、キレイな水を入れますよね?

ワキもそれと同じです。

汚いところにいくらデオドラント製品を塗っても効果はありません。

わきがのニオイがしている時というのは雑菌や汗で汚れている状態です。

そこに「ニオイを消すぞ!」とデオドラント製品を塗っても元々の肌が汚いんですから、意味がないですよね?

ニオイや汗がひどい時には、一度ウェットティッシュで拭いてからデオドラント製品を塗ることで効果が各段にアップします。

正しい使い方をして、わきがとサヨナラしましょう!!

ワキをキレイにした後は、効果のあるデオドラントクリームを使いましょう!!

安い市販のデオドラントクリームを使っていても、本当に効果があると思いますか???

私がすぐにわきがの悩みから開放された、即効性のあるデオドラントクリームはこちらです!

↓ ↓ ↓

デオドラントクリームランキングはこちら!

トップへ戻る